秋田県エコタウンセンター
エコタウンセンター 秋田県北部エコタウン 地球と未来のために 産業遺産・環境産業観光プログラム 環境・リサイクル施設の見学お申し込み

 「地球」と「環境」

地球温暖化

地球の平均気温は、長い間、二酸化炭素やメタンなどの温室効果ガスによって摂氏15度程度に保たれてきました。いま、このバランスがくずれ、地球の温度の上昇が心配されています。地球の生態系はほんのわずかな平均気温の上昇によっても大きな影響が現れます。緑の地球を私たちの子孫に受け継いでいくために、循環型社会を構築し地球温暖化を防ぐ努力が求められています。

大気のはたらきと気温のしくみ

気温のしくみ・図 地球は太陽から放射される光エネルギーによって暖められています。暖められた空気は赤外線となり大気の層を通って宇宙へ放出されますが、その一部が大気中の特定のガスに吸収されて地球を暖め、地球は生物が生きていくのにちょうどよい気温を保っているのです。このように赤外線を吸収するガスを「温室効果ガス」と呼んでいます。

地球温暖化の原因

大気中の温室効果ガスの温暖化への 影響の割合 地球の温度が上昇しているのは、温室効果ガスの濃度が高くなったのが原因です。温室効果ガスは産業活動や暮らしの中で毎日排出されており、二酸化炭素とメタンがその80%を占めています。

 

温室効果ガス(CO2)の濃度と量の推移

地球の炭素循環

地球では、生物や産業活動によって放出された二酸化炭素が植物の光合成を通して大気と陸、さらには海洋との間を循環しています。地球の自発的なメカニズムである炭素循環が、大気中の二酸化炭素濃度をほぼ一定に維持し、地球の気温も安定した状態が保たれているのです。

地球温暖化とは

ところが、地球の平均気温は過去100年間で約0.74度上昇しました。日本はそれを上回る1.1度の上昇です。平均気温が1度上がると、東京が宮崎の気候になるのと同じようなことがおきます。

地球温暖化の影響

地球温暖化は私たちの生活に様々な悪影響を及ぼします。生態系の破壊や異常気象の頻発、水面の上昇など、その影響はどれも深刻で住む場所を失ったり生命の危機にさらされたり、食糧難に陥る危険も否定できません。
このまま地球温暖化が進み2100年に地球の平均気温が最大5.8℃上昇したとき、地球はどうなるのでしょうか?海水の熱膨張や氷河が融けて海面が最大88センチ上昇します。南極の棚氷が溶けるとさらに海面が上昇します。現在絶滅の危機にさらされている生物は、ますます追いつめられ、更に絶滅へ近づきます。マラリアなど熱帯性の感染症の発生範囲が広がります。気候の変化に加えて、病害虫の増加で穀物生産が大幅に減少し、世界的に深刻な食糧難を招くおそれがあります。降雨パターンが大きく変わり、内陸部では乾燥化が進み、熱帯地域では台風、ハリケーン、サイクロンといった熱帯性の低気圧が猛威を振るい、洪水や高潮などの被害が多くなります。

地球温暖化を防ぐために

低炭素社会の実現に向けて
地球温暖化を防ぐためには、二酸化炭素などの温室効果ガスの排出量を減らす低炭素社会の実現が不可欠です。自然を壊したり、たくさんのエネルギーを使ってものを作り、使ったものを簡単に捨てる生活を見直す必要があります。私たちにもどんなことができるか考えてみましょう。

Copyright(C) Akita Eco Town Center. All Right Reserved. | トップページ | プライバシーポリシー |