秋田県エコタウンセンター
エコタウンセンター 秋田県北部エコタウン 地球と未来のために 産業遺産・環境産業観光プログラム 環境・リサイクル施設の見学お申し込み

 「地球」と「環境」

私たちの暮らしと金属

資源の中でも石油や石炭は、主にエネルギーを作り出す資源ですが、私たちの周りのいろいろな製品の原料となっている資源が金属です。金属には磨くと光る、温度によって状態が変わる、溶かして2種類以上を混ぜ合わせれば新しい材料ができる、硬い…などの特徴があり、様々な分野で使用されています。たとえば航空機や船、電車や自動車の車体などの大きなものからナイフやフォーク、釘、お金も金属でできていますね。

日本の鉱業

現在の技術や経済的な条件のもとで資源を取り出し、使える年数は限られています。
資源は、いろいろな製品を作るための原料や工場の機械を動かすエネルギーでもあります。資源がなければ、新しい製品を作り出すことができません。電気も作れませんし、飛行機や電車、自動車も動かないという不便な社会になってしまいます。
  日本の金属資源のほとんどを輸入しているんだって…
●日本の金属資源主要輸入先

鉄と非鉄金属

日本国内の金属生産量の90%以上は鉄鋼製品で残りが鉄以外の金属、つまり非鉄金属です。非鉄金属は生産量は少ないもののその優れた性質や特徴から産業界になくてはならない存在です。非鉄金属には銅・亜鉛・鉛・アルミニウムなどのベースメタルや金・銀・白金などの貴金属などが含まれますが、特に埋蔵量が少なかったり、量は多くても経済的・技術的に取り出すことが困難な金属をレアメタルといいます。ベースメタルは電線や各種ケーブル、メッキなどに、レアメタルはエレクトロニクスなどの先端産業・分野に不可欠な素材です。   世界の生産量に対する日本の使用量(2006年)

日本の産業とレアメタル

日本の主力産業である高性能機器製造の過程においてレアメタルは不可欠です。パソコンや携帯電話、電子・電気機器、テレビやエアコンなどの家電製品、金属の切削加工に用いる超硬工具などにはすべてレアメタルが利用されています。しかし、レアメタルも他の金属同様、産出国が限られているものが多く、日本もほとんどを輸入に頼っています。   主要レアメタルの輸入動向

Copyright(C) Akita Eco Town Center. All Right Reserved. | トップページ | プライバシーポリシー |