秋田県エコタウンセンター
エコタウンセンター秋田県北部エコタウン地球と未来のために産業遺産・環境産業観光プログラム環境・リサイクル施設の見学お申し込み

 エコタウンとは

産業遺産・環境産業観光プロジェクトの目的

「ゼロ・エミッション構想」(産業から出るすべての廃棄物を新たに他の分野の原料として活用し、あらゆる廃棄物をゼロにすることを目指す構想)を基本とした、自然にやさしい環境と調和したまちづくりが進められている国(経済産業省・環境省)より承認された地域のことです。エコタウン計画は、全国では26の地域があります。


秋田県北部9市町村で「エコタウン」

秋田県の北部地域は、かつて世界有数の鉱山地域で、そこで採掘されていた黒鉱と呼ばれる複雑硫化鉱の処理技術については、世界のトップクラスで、これらの技術を確立させた鉱山や製錬所を活用した金属リサイクルの事業化を進めていました。 また、秋田スギの産地として木材産業も盛んなほか、農業においても沿岸部は秋田県有数の野菜産地となっていて、これらの産業から出る廃棄物の処理についても各方面で検討されていました。 このような背景の中で、米代川流域を構成する9の市町村が、お互いに連携を深めながら廃棄物対策に取り組み、資源循環型産業への転換を図り、豊かな自然環境と調和したまちづくりを目指して、エコタウンの計画づくりを進めることになりました。

▲上に戻る
 
Copyright(C) Akita Eco Town Center. All Right Reserved. | トップページ | プライバシーポリシー |